アイリンロゴアイリンデンタルクリニック


ワンポイントアドバス

  顎の成長
  
〜姿勢は大丈夫〜
  歯並びをきれいにするのにお口の中だけに注目していてもうまくいかないことがあります。
  日常生活を振り返ってみましょう。食事の時、寝ている時、ゲーム中、姿勢はどうですか?
  食事中 いつも猫背になっている、座った時肘をついている、足をブラブラさせている、なんてことはありませんか?
  テーブルに着く位置が決まっていてTVを見るのでいつも右向きなんてことは?
  寝る時は横向きで必ず一方を向いていることは?
  ゲームに夢中で猫背で顎を突き出して長時間そのままでいませんか?
  こういった生活習慣や姿勢は歯並びに影響します。 歯は上下の顎に並んでいます。
  上顎は頭の骨につながっていて動きませんが、下顎は動きます。
  下顎の動きは頭や首、肩や胸などの胴体の筋肉にささえられています。胴体は手足でバランスをとっています。
  つまり歯並びは全身の骨や筋肉で支えられているのです。
  全身の姿勢がゆがむと歯並びに影響してきます。
  食事の時は足を床につけ背筋を伸ばしましょう。
  足が床に届かなければ踏み台などを用意して足を乗せるといいでしょう。
  背もたれにもたれかかるのは止めましょう。 肘をつくのも良くありません。
  テーブルに座る位置をローテーションし決まった位置に固定しないよう気をつけましょう。
  身体に負担のかかる長時間の同じ姿勢も好ましくありません。ゲームはほどほどに。
  就寝時にはなるべく上向きに寝ましょう。
   どうしても横向きでないと寝られないのであれば左右を交互にしてみてください。
  きれいな姿勢がきれいな歯並びへの第一歩です。