アイリンロゴアイリンデンタルクリニック


ワンポイントアドバス

  顎の成長
  
〜母乳育児〜
  歯並びは歯の大きさと顎の大きさのバランスで決まります。
  最近は顎が小さくて歯並びが悪くなってしまうお子さんが増えているようです。
  顎が、小さいと歯並びが悪くなるだけでなく、舌の入る空間が狭くなり呼、吸しにくくなったり、
  睡眠時無呼吸症候群の原因の一つになったりします。
  顎の十分な発育は健康のためにも大切です。
  硬い物を、食べれば顎が発育するのではなく、成長の過程で適切な時期に適切な顎の使い方を
  することで顎は発育していきます。
  出生7日頃から1ヶ月の間の成長量が最も大きく、次に、乳歯や永久歯が出る時期に、大きく
  成長します。
  赤ちゃんは、乳首を上顎と舌の間ではさむ『噛みこむ』ことで母乳を飲みます。
  舌が上顎を押す圧力が、上顎の発達を促します。また、下顎で『噛み込む』ことが咬む筋肉を、
  発達させます。
  『噛むこむ力』を新生児期にきちんと獲得することはとても重要です。
  上手に母乳が飲めないと体重が増えないだけなく顎も充分に成長できません。
  哺乳瓶を使う場合、ただ小さな穴の開いているだけのニプルを使用すると、『噛みこむ』動きでなく、
  『吸い込む』動きになり顎の成長が促されません。
  できるだけ乳房からの母乳哺乳をしましょう。
  様々な理由で乳房からの哺乳ができず哺乳瓶から哺乳する場合には『咬合型二プル』を使用しましょう。
  『咬合型二プル』は乳房哺乳に近い顎の動きになるように工夫されています。